板金製作への基本姿勢


出来る限り外注を少なくして自社にて対応

先端設備を駆使した技術と長年培われた職人の技の融合

この二つが弊社の製作への基本姿勢です








  


 熔接や切断など荒っぽいイメージの板金製作ですが
 実際の内容は料理を作るのと同じように
 細かく繊細な作業の繰り返しから生まれます





料理の場合は

材料を用意して

皮を剥いたり、切るなど

下味をつけたりと下準備

 



料理にあわせて味付けしたり

焼いたり炒めたりと調理します

出来上がったらキレイに盛り付けして完成です

 板金製作の場合も同じです  

材料を用意して  

内容にあわせて切断します  











切断面で作業者や
お客様が怪我をしないように
グラインダーなどでキレイにしたり

穴をあけたり、ロールで巻いたり
用意した材料を熔接したり

細かく下準備をしていきます








熔接の為の開先などの下準備

用意した部品をしっかり熔接

熔接方法も製品によって変わってきます








熔接でのスパッタをきれいに除去して

内面も外面もきれいに仕上げます

このように 板金製作は

繊細な作業を含む 多工程を要して
製品を作っています







料理にいろんな調理器具があるように


 

料理に優秀な名コックがいるように






板金にはいろんな工作機械の技術と




熟練の職人さんの技が必要です