展開
 図面のほとんどは三角法で書かれます
 平面図・正面図・側面図の三面図を立体化に想像します


設計者の意図を勘案し
総合的に効率の良い加工へ
展開していきます

 材質・板厚の確認
     
    SUS・アルミは表面傷の無き事の準備
     (保護シートの有無)

    
 加工品の外観が重要な場合

  サンダ仕上げ・スポットの荒さ

  凹凸の深さの限度などの確認

 内径・外径の確認

    角のR・接合部も確認

    下穴は加工後に合わせた寸法
     (タップ・さらもみ・バーリング)

 曲げ加工と熔接部分の割合を考慮
 
  加工品の使用目的や
   表面処理にあわせる

  熔接のし易さも考慮

   




 


設計者の意図を考慮し
効率よく加工することが
安価でよい製品を作り出します

その為にも 展開という作業は重要な役割です