熔 接
 
 短時間の間に高熱を加えて
  金属を接合するのが 熔接加工です


細かく分類すると 60数種類にも及ぶ熔接法があります
弊社で主に使用する熔接をご紹介します


 


アーク熔接
              機械的な圧力を加えず 
         金属を溶融状態で
         接合するのが アーク熔接である

         アークによる高熱を利用した
         各種アーク熔接方法がある

   代表的なアーク熔接

  @ 被覆アーク熔接 (電気熔接)
  A 炭酸ガスアーク熔接 (半自動熔接)
  B アルゴン熔接
  C スタッド熔接
  D プラズマ熔接





   
   





  


スポット熔接


   スポット熔接の原理

  金属に電流を流すと電気抵抗により発熱する
  この発熱を利用したのがスポット熔接である

  2枚の薄鋼板を上下電極にはさみ圧力を加え
  大電流を通すと 金属抵抗によって発熱し
  薄鋼板の加圧部は半溶融状態になる
  そこで電力を止め 加圧すると圧接状態で
  接合するわけである


  スポット熔接のポイント

 @ 電気抵抗を利用する熔接方法であり
   抵抗の高・低により熔接の難易度が決まる

 A 銀銅など 抵抗が小さく熔接できない
   
 B アルミは特殊な制御タイマ使用で可能